30代転職を成功させるための転職エージェントの利用法

1.転職エージェントを利用する理由

 30代と言えば組織の中では中間管理職的な立場や、上司と後輩の間の調整役として多忙な人も多いでしょう。また、私生活でも住宅購入や子供のお迎えなど時間とお金がかかる世代ともいえるでしょう。そんな公私ともに多忙な30代が転職をする場合には、上手に転職エージェントを利用することで効率的に活動を行うことが可能になります。

 ただし、気をつけたいことは、エージェントに頼りきるのではなく、あくまでも自分の代理としてできないことを代わりにしてもらうことが大切です。そこで、うまく担当のキャリアコンサルタントを利用して気持ちよく仕事をしてもらうようにします。

2.転職エージェントを複数利用する

 一般的に民間の転職エージェントでは、キャリアコンサルタントも成果が求められています。そこで、自分たちの企業から転職させたいと考えて求人紹介してくれますから、色々とよくしてくれるものです。しかし、彼らに主導権を渡してしまうと暴走して無理な面接スケジュールを組んでくることもありますから、必ず自分の仕事や私生活内で調整をつけられるように優先権を自分に置くことが大切です。

 そこで、1社だけではなく、複数社の転職エージェントを利用して互いにライバル意識を持たせておくことです。こうしておくと、求人紹介や、応募書類のサポート、面接調整やそのサポート、年収交渉などの対応も必死にしてくれるからです。

3.キャリアコンサルタントとうまく付き合う

 30代は比較的転職しやすい年代でもあるため、 転職エージェントを1社しか登録しないで転職活動をすると、キャリアコンサルタントは独占できる状態となります。それは競合にもっていかれるリスクが少ないため、自分に都合がよい企業しか紹介しない、あるいは早く採用を決めて売上を上げようとすることもあります。

 そこで、うまく利用する方法としては
・紹介求人の中でも自分で気になった企業だけにエントリーするようにする
・担当者が気にいらない場合には変更してもらう
・キャリアコンサルタントの転職サポートを受けながら、任せきりにしないせずに
・企業内情など細かいことは確認してもらう

4.まとめ

 30代の転職活動は、多忙なものの効率的に活動すれば3か月ほどの短期決戦で転職できるものです。そのためには、有効的な応募書類を作成して、転職エージェントから企業情報や面接情報などの必要な情報をできる限り聞き出すことです。また、彼らも自分の成績につながるため、色々なサポートやアドバイスをしてくれるはずです。

そこで、少しでも企業に対して不安や疑問が出たら、必ず質問することで転職活動を成功させる近道といえるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る