30代は円満退職すべし!

30代が円満退職すべき理由

 30代まであなたがキャリアを積んでこられたのは、あなた一人の努力と力量のためだけではありません。特に大手企業の場合、会社のネームバリューに助けられて、積めた経験の方が多いのです。

 そして仕事は、最終的にどれだけの人的ネットワークを、自分のものにできたかで、成果が大きく変わるものです。そうした意味でも、縁あって出会えた会社とその仲間とは、わだかまりのない関係でいるのにこしたことはありません。

 自己都合で強引に退職してしまうと、取引先や業界内にどんな悪い噂を流されるかわからず、未来の自分の足をひっぱりかねませんので、きちんと段階を踏んで、円満退職できるよう心がけましょう。

円満退職も計画的に!

 30代は中堅社員ですから、退職されると、人員補充が必要なケースが少なくありません。

 社内の人事異動でカバーできる範囲であっても、引き継ぎ開始までにはいろいろな調整が必要ですし、欠員補充の採用をする会社もあるかもしれません。

 自分の退職で会社にかかる迷惑が最小限になるように、引き継ぎ期間がどれだけ必要かを計算したうえで、いつごろ直属の上司に退職の意向を伝えるのかを考え、スケジューリングしましょう。

関連記事

  • 退社の手続きを滞りなく終わらせる
  • 途中入社の注意点とは
  • 退職時の有給消化は可能か不可能か
  • これで退職できる?3つの引き止めパターンの対応法
  • 試用期間の目的と、転職者が注意したいポイント

  • 関連記事

    ページ上部へ戻る