30代の転職と面接後のお礼状

面接後にお礼状を書くべきか否か

 30代での転職は、自分のキャリアにつながるように、一度に複数の企業に応募するひとが大半だと思います。面接で自分をプレゼンテーションするために、きちんと事前準備をしているひとほど、面接後は解放感でいっぱいなはずです。

 ですが、ライバルに差をつけようと思うなら、もう一つ行っておきたいことがあります。それは、面接後にお礼状を書くことです。面接が終わった後、どんな対応をするひとなのかを、企業の面接官は採否の判断の際に考慮するものです。

 きちんとお礼状を出しておくことで、ライバルとスキルや実績で差がないときに、人間性を買われて内定するというケースが少なくないのです。キャリアアップを目指す30代こそ、身に付けておきたい習慣なのです。

お礼状のポイントとは?

 では、お礼状はどう書けばよいのでしょうか。まず、社外向けビジネス文書のお礼状のフォーマットにそうことが前提です。

 内容としては、面接に機会を与えてくれたことに対する感謝の気持ち、面接官と対話したことでわかった企業の動向やビジョンなど、自分が面接前より興味・関心がわいたエピソード、それによって入社の意欲がどのように高まり、募集職種で自分が力を発揮したいと思ったのか、結びに再び謝意をそえるのが基本です。

 必ずしも手書きである必要はないので、基本の文面をパソコンで作成しておき、応募企業に合わせてカスタマイズできるように準備しておくとよいでしょう。また、面接後のお礼状は、出すタイミングも重要です。できれば面接当日に、遅くても面接の翌日には投函してください。

 面接官が年配の場合は特に、好感度をアップすることができるはずです。ぜひ、試してみてください。

関連記事

  • 面接の事前準備が成功のカギ
  • 面接後のお礼状の書き方
  • 30代がよく聞かれる質問とは
  • 逆質問の内容が応募の本気度をはかる指標に!
  • 面接対策もきちんとしておこう!
  • 関連記事

    ページ上部へ戻る