面接対策もきちんとしておこう!

身だしなみと面接マナーは再チェック

 30代ともなると、社風によっては、カジュアルな格好が許されたり、なじみの取引先ではビジネスマナーがルーズになるなど、自分では気づかないところで、マイナスポイントを増やしていることがあります。

 そのため、身だしなみと面接マナーは、本番前日までにきちんと再チェックすることをおすすめします。面接へはビジネスにふさわしいスーツで、靴やカバン、時計、メガネも同じ基準で選びます。

 面接マナーは、ノックの回数とお辞儀の角度、話がくどくならないことに注意しましょう。

面接の自己紹介は簡潔にまとめる!

 面接では最初に、自己紹介をするように求められます。この自己紹介が簡潔で、いかに要領を得ているかで、面接官の心証が大きく変わります。

 2~3分で自己紹介できるように、あらかじめ文面を考えておきましょう。自己紹介で伝えるべきことは、あなたの人間性とこれまでの経歴、そして持っているスキルです。

 自分のものの考え方や行動の仕方を、具体的なエピソードを交えて語れるとベストです。その際、「何を」「どのくらい」といった数字や形あるもので表すと、相手は理解しやすいです。

 また、応募企業が求める人物像を意識して、そこにマッチする部分を強調するのも良いでしょう。
 
 
関連記事

  • 30代がよく聞かれる質問とは
  • 逆質問の内容が応募の本気度をはかる指標に!
  • 30代の転職と面接後のお礼状

  • 関連記事

    ページ上部へ戻る