面接の事前準備が成功のカギ

成功のカギは下準備にかかっている

 就職難のこの時代で、30代からの仕事探しというのはそう簡単なことではありません。企業が求めているのは意欲と勢いを持った20代の若い人材です。年齢で不利な分を何で補うかと言うと面接でのアピールが重要になります。誰しもが緊張する面接ですが、しっかりと下準備をして臨むことによって緊張もほぐれ、自信を持って受け答えすることができます。

 転職は、企業と応募者の条件が書類上でマッチしたからと言って成立するわけではありません。実際に会ってその人物の人間性を見極めて、この人と一緒に働きたいと思ってもらえなければ成立はしないのです。その貴重な機会が「面接」なわけですから、しっかりとした準備と心構えを持って臨んでください。

質問を想定すること

 具体的にどのような下準備が必要かと言うと、質問される内容を想定してその答えを準備しておくことです。必ず聞かれると思った方がよい質問は、「志望動機」「転職しようと思った理由」、また30代では「マネジメント経験の有無」も問われます。志望動機については、ただ経験があるからと答えるのではなく、その経験を活かしてどのように貢献できるかと言うことを交えて、即戦力になれることを強調することが大事です。

 また、数多くある企業の中からなぜこの会社を選んだか説明できるように、ホームページなどをチェックしてまとめておきましょう。転職しようと思った理由については、ネガティブな理由を述べると、また同じ理由で退職するのではないかと思われてしまいます。ネガティブな理由で退職したとしても、それをきっかけに今はポジティブな気持ちで転職活動をしていることを伝えると良いでしょう。

 また、20代の求職者にはない強みは「マネジメント経験の有無」です。これまでに携わったプロジェクトでリーダーシップを発揮して成功させた経験や、またそのような経験がなくても、後輩を指導したエピソードなどを説明できるようにしておくと良いでしょう。

面接は自分の言葉で自己アピールする

 面接は、職務経歴書に書いてあることだけでは伝わらないことを自分の言葉で伝える大切な場所です。

 例えば、前の会社で挙げた実績と言うのは書類を見ればわかりますが、そのためにどんな努力や工夫をしたかや、どんな問題をどのように解決したかは、言葉でなければ伝えられません。

 自分のこれまでの経験を整理して上手に伝えられるようにまとめておくことが大切です。また、言うまでもありませんが、身だしなみを整え明るくハキハキとした態度で、この会社で働きたいという意欲を持って臨みましょう。

ここがポイント!
  • 書類ではわからないことを自分の言葉で伝える
  • 明るくハキハキとした態度で臨む
  • 絶対にここで働きたいという意欲を見せる
  •  

 30代からの仕事探しは、決して不利なわけではありません。しっかりと準備をして30代ならではの強みをアピールすることができれば、きっと希望に合う仕事が見つかるはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る