退職時の有給消化は可能か不可能か

残っている有給は消化可能

 一生懸命働くと、というわけでは必ずしもありませんが、一定以上の期間を働くと誰にでも有給休暇というものが与えられます。消化せずにそのまま働けば、もちろん期限はありますが、その有給休暇は積み上がっていくことになるのです。

 退職時に、その残っている有給休暇を消化してしまいたい、そう考えるのは当然のことでしょう。長い期間働いた証ですし、その有給休暇はあなたのものなのですから。もちろん、退職時の有給消化は可能です。残っていれば、その全てを消化することが可能。日数に限らず、残っている有給休暇を全部使ってから会社を辞める、そのつもりで退職活動を進めても問題はないのです。

でも、完全消化は上司次第?

 有給休暇がかなりの日数残っている人も、完全消化して会社を辞めたいと思うことでしょう。確かにそれは可能なのですが、しかし、完全消化できるかどうかは上司次第という現実もあります。

 上司も基本的には、部下が請求した有給休暇の取得を拒否することはできません。しかし、それでも、「退職時に残りの有給休暇を全て消化されては困る」と、拒否にも近い形で対応することがあります。上司次第で状況は全く違うものとなってしまうのです。

 上司の言うことを聞くか、それとも聞かないかは、まさにあなた次第なのかもしれません。ただ、退職時の残務処理や引き継ぎなどもしっかりとしていれば上司の言うことを聞く必要はなく、有給休暇を完全消化して退職できる、これだけは間違いないのです。

転職活動に響くかどうかで考える

 就業規則などに沿ってちゃんと退職活動をしていれば、有給休暇を全て取得して辞めることができますし、あなたにはそうする権利も認められています。ただ、やはり上司がどうしても認めようとせず、また、会社自体もそれを認めそうな雰囲気がない場合には、あなたと会社の対立が深まり、いろいろな影響が出てくることが考えられるでしょう。

 その影響が、もし転職活動にも出てくるようであれば、有給休暇の消化を諦めるのも選択肢のひとつとなるのかもしれません。転職のために会社を辞めるのに、その時のゴタゴタで転職に悪影響が出たら意味がなくなってしまいます。転職活動や転職することを最優先事項とした時、どのような決断を下すのが適切なのか、これを考えて有給休暇の取得申請等を行うようにしましょう。

関連記事

  • 30代は円満退職すべし!
  • 退社の手続きを滞りなく終わらせる
  • 途中入社の注意点とは
  • これで退職できる?3つの引き止めパターンの対応法
  • 試用期間の目的と、転職者が注意したいポイント

  • 関連記事

    ページ上部へ戻る