転職サイトの求人票のチェックポイント

30代でも応募できるかどうかをチェックするポイント

 30代とひとくくりにしていますが、前半と後半では、企業に求められるスキルも、ニーズも異なります。

 転職サイトの求人票を見るときには、30代の自分が応募して、内定の可能性があるかどうかも、きちんと検討してから応募すべきです。

 転職サイトは求人票とともに、会社の雰囲気を伝える写真やコメントが掲載されていることが多いです。

 まず会社の平均年齢が20代の場合、管理職採用でない限りは、30代後半は受かりにくいと思います。

 また、写真に写っているのが若者だけだったり、管理職のコメントがない場合も、応募を検討した方が無難でしょう。
 

求人票自体のチェックポイント

 転職サイトに限らず、求人票自体にもチェックすべきポイントがあります。それは「雇用形態」と「雇用期間」です。

 正社員採用であれば「雇用形態」は「常雇」に、「雇用期間」は採用開始日から無期限になっているはずです。

 「雇用期間」に期日指定がある場合、それは契約社員か準社員ということなので、正社員登用制度があるかどうかを、調べてから応募する方が無難です。

 また、「試用期間有」「トライアル採用」などの場合、一定期間は有期雇用で、双方の合意があれば正社員雇用という企業も多いです。

 その場合、一定期間を経た後で、「正社員としては採用できないけれど、契約社員なら」と持ちかけられるケースもあるので注意が必要です。
 
 
関連記事

  • 求人情報媒体を使いこなそう!
  • 転職エージェントを活用するために

  • 関連記事

    ページ上部へ戻る