転職エージェントの選び方のコツ

 皆さんの転職活動を無償で支援してくれる、転職エージェントの選び方について、コツをご紹介したいと思います。

転職エージェントの種類

 転職エージェントには、大きく分けて2つの種類があります。ひとつはとにかく求人数を沢山紹介してくれる大規模なエージェント。もうひとつは業界に特化してピンポイントで紹介してくれる小規模エージェントです。それぞれどのような特徴があるのか、ご紹介します。

大規模エージェントの特徴

 業界・業種に関わらず沢山の求人案件を紹介してくれるエージェントです。ほとんどの場合、エージェントへの初回面談の際に、数件の求人案件を紹介して頂けます。

 メリットとなるのは、前述のとおり求人案件数が非常に多い事にあります。注意すべき点としましては、求人の情報はエージェントから配布される求人票に書かれている内容のみであることが多いため、より詳しく企業を知るためには、自分自身で研究をする必要があると言う点です。また、少しでも可能性があるとコンサルタントさんが判断した場合でも紹介されますので、自分の志望職種ではない場合でも紹介されるケースもあります。

 その意味では、幅広く自分が活躍できそうな可能性のある求人の紹介を求める場合に、有効なエージェントと言えると思います。

小規模エージェントの特徴

 こちらは、ピンポイントでの紹介になりますので、求人数はそれほど多くありません。しかしメリットとしては、業界に特化しているだけあり、紹介された企業がどのような人材を求めているか、社風はどのような感じか?など、求人票に記載されない沢山の情報を提供して頂けます。

 書類や面接対策のコーチングをして頂けるケースも多いので、自分の志望職種が固定されているケースで有効です。但し元々求人数が少ないため、必ずしも紹介して頂ける訳ではないという点が注意点です

まとめ

 効率よく転職活動をこなすには、いかに早く自分にあった求人をキャッチするか?似かかっています。その意味では、今回ご紹介した2種類のエージェントに、それぞれ登録される事が近道です。

 これから転職を考えておられる方は、是非参考にしていただければ幸いです。

関連記事

ページ上部へ戻る