転職は計画的に進めよう

転職の目的を明確にする

 30代での転職は、その後のキャリア形成に多大な影響を与えるので、まず目的を明確にすることが必要です。

 適職に就くことを最優先にするのか、キャリアアップを目指すのかでは、求人の探し方の違ってくるからです。

 また、30代ともなると、自分の希望だけでなく、企業側から見る市場価値が高いかどうかも、大事なポイントになります。

 自分の転職の目的を明確にし、自分の転職市場での価値を理解したうえで、転職計画をたてるようにしましょう。
 

転職計画の立て方

 転職計画は、いつまでに内定をもらうかという、目標日の設定をすることから始まります。

 30代ともなると、20代のように1~2カ月で内定というわけにはいきませんから、3~6カ月を目安に、設定するとよいでしょう。

 内定を得るためには、面接してもらわなければなりませんが、これも受けて必ず受かるとは限りません。

 複数の面接を受けるためには、何社の書類選考を通過しなければならないのか、書類選考を通過するためには、何社に応募書類を送る必要があるのか、応募書類を送るための企業研究と書類作成の時間がどれくらい必要なのかを考えて、逆算して転職計画をたてます。

 この際、退職スケジュールをどう組むかも、30代には大事なポイントなので、一緒に考えておきましょう。
 
 
関連記事

  • 徹底的な自己分析をする
  • 企業研究をどれだけするかが成功の鍵
  • 在職中に転職か・退職後に転職かは、究極の選択ではありません

  • 関連記事

    ページ上部へ戻る