職務経歴書で見られるポイントとは

職務経歴書はA4サイズ3枚以内に!

 30代後半ともなると、手掛けてきた仕事やプロジェクトの数も多く、経験した業務をそのまま書き綴ると、膨大な量になってしまうひとも少なくないでしょう。

 ですが、企業側に立場にたつと、応募者多数の企業は特に、きた応募書類のすべてに丁寧に目を通す時間をつくってはくれません。

 履歴書である程度までふるいにかけ、職務経歴書の中でさらに厳選して、面接する人材を絞り込みます。

 それゆえに、職務経歴書が読みやすくコンパクトにまとめてあると、プレゼンテーション能力が高いと判断され、好印象を持たれることが多いのです。

 表組にするなど、レイアウトにも工夫を凝らして、職務経歴書を作成するようにしましょう。
 

職務経歴書で見られるポイント

 30代であれば、入社後に即戦力として活躍することを期待されていますから、それに対応する職歴があるかどうかをチェックされます。

 職務経歴書では、応募職種にマッチする仕事の経歴や内容、あげた成果を、詳しく記入してください。

 そしてもう一つ、30代の場合、将来、管理職として組織運営ができる器かどうかも、チェックポイントの一つになります。

 リーダーとしてプロジェクトをけん引した実績や、後輩の指導・教育を行った経験も、職務経歴書に盛り込みましょう。
 
 
関連記事

  • 履歴書で見られるポイントとは
  • 応募書類を送るときの注意点

  • 関連記事

    ページ上部へ戻る