履歴書で見られるポイントとは

フォーマットに則り完璧な書き方で書く

 近年は、手書きの履歴書ではなく、パソコンで作成したものでも良しとする企業が増えてきています。

 とはいえ、履歴書はビジネス文書と同じく、定型を守って書くべき書類です。転職用の履歴書フォーマットを選んで、記入するのが大前提です。

 さらに、学歴や職歴欄で和暦と西暦を混同したり、誤字・脱字・誤変換がないかどうか、しっかり推敲しておく必要があります。

 履歴書の志望動機欄と、職務経歴書の自己PR欄の内容が同じでも、評価がマイナスになりますので、送る前にしっかりチェックしておきましょう。
 

履歴書で見られるポイント

 面接に進むまでに、企業の採用担当者、所属部課の上司となる現場担当者、経営陣と、さまざまな立場の方々が履歴書に目を通します。

 履歴書は、応募者個人のこれまでの経歴を伝えるための書類ですから、学歴と職歴、資格と免許については、必ずチェックします。

 また、面接に呼ぶかどうかを判断する基準としては、志望動機に説得力があるかどうかです。

 自社に入社したいという意欲があるかどうか、入社したい理由に根拠があるかどうか、そして入社後に貢献できるスキルを持っていることをアピールできるかどうかが、書類選考のポイントです。
 
 
関連記事

  • 職務経歴書で見られるポイントとは
  • 応募書類を送るときの注意点

  • 関連記事

    ページ上部へ戻る