企業が求める人物像とは?

1.企業が求める30代の人物像

 企業が30代の転職希望者を受け入れるのは、自社で新卒から育成するよりも、採用後に即戦力として成果をあげられる人材が欲しいと考えているからです。
 つまり30代の転職では、業界や職種のプロとして、専門スキルを有していることが前提条件になるケースが多いのです。
 30代の転職を有利に進めたいと考えるなら、これまでのキャリアで培ってきた専門分野が何かを明確にして、しっかりアピールできるよう準備することが不可欠なのです。

2.企業が面接で見るポイント

 では、企業の採用担当者は、面接のときに何に注意して見ているのかを考えてみましょう。
 

ここがポイント!
  • 応募者の人間性
  • 社会人としてのマナーや常識
  • 仕事に対するやる気や意気込み
  • 募集職種に関する実務能力

 2番目の社会人としてのマナーや常識に関しては、身につけていて当然のスキルなので、それ以外の点について、解説してみましょう。

3.人間性を見極めようとする理由

 企業の採用担当者は、面接の際、目の前にいる応募者が人間として信頼できるかどうか、一緒に仕事をしていけるかどうかを判断しようとします。
 どんな職種であっても、周囲のひとと協調して進めなければなりませんから、コミュニケーション能力があるかどうかも、重要なチェックポイントです。
 また、どんな仕事でも前向きに取り組もうとする姿勢があるかどうかも、会話をしていると伝わるものです。
 その点を理解し、自分の仕事に対するやる気や意気込みを、きちんとアピールするように心がけましょう。

 

4.実務能力が問われる理由

 30代の中途採用者を入社させるのは、企業に短期的にも利益をもたらすことを期待するからです。
 募集している職種に直結する専門スキルや、実務能力を持っている方が、採用される可能性が高くなるのは事実です。
 30代前半であれば、キャリアチェンジできる求人にチャレンジするのもよいですが、仕事に直結するスキルや資格の習得など、自分なりの努力が見えないと、採用が難しいことを覚えておきましょう。

将来のビジョンをしっかり持とう!

 企業が30代に求めるのは、上長からの指示を待たずに、自分で考えて行動できることです。
 自分が3年後、5年後、10年後にどうなっていたいのかのビジョンを明確に持ち、そのために自ら努力する姿勢と意欲を持ち続ければ、希望にマッチする転職が実現できるはずです。

関連記事

ページ上部へ戻る