人間関係が理由で転職するのは逃げなのでしょうか。

人間関係が理由で転職するのは逃げなのでしょうか。


転職をしたいと思う理由が人間関係という人は多いのではないでしょうか。人間関係がうまくいかないと、仕事へ行くのが本当に嫌になって、転職を考えるようになるのです。

しかし、仕事そのもののことではない、人間関係という理由だけで転職するのは、なんとなく逃げのような気がして嫌なものです。実際に転職活動を始めても成功しないような気もしますよね。ですが、人間関係が理由で転職することは決して逃げではありません。立派な転職理由なのです。

人生は仕事をするためにあるわけではありません。少しでも楽しい人生を歩むためには仕事をしなければならないのです。どうせしなければならないなら、できる限り楽しい所で働きたいですよね。

そういう考え方をすれば、人間関係が嫌なら転職しようと思うことができると思います。実際、人間関係が悪い所で働いていても、仕事ははかどりません。

また、心や身体を壊す原因にもなります。世の中にはたくさんの仕事があるわけですし、自分に合った職場、人間関係の良い職場も、たくさんあるはずです。

このように、基本的には人間関係が理由の転職は逃げではなく、正しい選択です。ただし、何度も人間関係が理由で転職する…というのはよくありません。少しでも嫌になったからといって転職するのはよくないからです。

しかし、できる限りの努力をしても今の職場ではやっていけないと思うのであれば、今は転職しても良いと思います。その代わり、次の会社で同じような状況にならないようにしてください。つまり、転職前に見学させてもらうなど、実際に会社に入って自分の目で人間関係を確かめるのです。

転職をする上で大切なことは、同じ失敗を繰り返さないことです。つまりその理由はどうでも良いと言えばどうでも良いのです。ですから、人間関係が理由で転職することも逃げではありません。

自分にとって働きやすい環境で働くということはとても大切なことですので、それが人間関係であるというのであれば、全く構わない理由なのです。失敗のない転職ができるように、事前に見学したり調べたりして、後悔のないようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る