これで退職できる?3つの引き止めパターンの対応法

“会社に必要だ”と言われたら

 ここでは、退職時の会社からの引き止めを3つのパターンに分け、それぞれにどう対応すべきか、どう考えるべきかについて紹介したいと思います。

 これが最も多い引き止め方かもしれません。「会社に必要だから残って欲しい」という引き止め方。社会人としてはとても嬉しく感じるかもしれませんが、本当にあなたのことが必要と思ってくれているとは限りません。上司の真意を探ってみましょう。

 もしかしたら、上司が会社に叱られるからとか、あなたが辞めることで面倒な作業が増えるからと思っているだけかもしれないのです。簡単に、「そう言ってくれるなら」と会社に残るのではなく、上司の真意を見極めてから対応しなければなりません。

“待遇を改善する”と言われたら

 「待遇を改善するから残って欲しい」という引き止めもよく耳にしますが、これはまず信用しない方がいいでしょう。「会社に必要だ」という言葉よりも胡散臭い。

 このように言われたら、「だったらもっと早く改善したもらいたかった」というような趣旨の反論をしてください。実際にそう思いませんか?退職を相談したら「待遇を改善する」では都合が良過ぎます。

 このパターンの引き止めは信用せず、「そういう問題で会社を辞めるわけではない」などと言い、辞める方向性に変わりはないことをしっかりと伝えなければなりません。

“辞めたらどうなるか…”と言われたら

 「辞めたらどうなるか、わかっているだろうな」などと脅しをかけてくる引き止めのパターン。これはあまり多くはないかもしれませんが、仮にあったとすれば、最も質の悪いものとなります。もし酷い引き止め方をされたら、各自治体に設置された労働基準監督署などに相談をしてください。

 無理に自分で解決しようとすると危険。相手は会社ぐるみでいろいろと手を打ってくる可能性もありますから、恐怖を感じたら信頼できる人や労働問題を取り扱う各団体・機関に相談して解決に持っていった方が安全です。

関連記事

  • 30代は円満退職すべし!
  • 退社の手続きを滞りなく終わらせる
  • 途中入社の注意点とは
  • 退職時の有給消化は可能か不可能か
  • 試用期間の目的と、転職者が注意したいポイント

  • 関連記事

    ページ上部へ戻る